モデルの情報。ファッションモデルの画像を使った壁紙がいいよ

酒井 彩名

酒井 彩名は 思い出がいっぱいある ファッションモデル、そして歌や演技もかないいいですから 手の届かない酒井 彩名とは思いたくないです。きっと、このサイトを見てくれるのではないかな?

酒井 彩名はモデル

酒井 彩名は この頃 モデルとして 売れています。

小顔の 酒井 彩名は お台場 で 「是非、どうですか」と言われて はずかしいけれど 参加してみたいという話です。

ガールフレンドが欲しいなあと考えた時に いつも 酒井 彩名の 水着の画像を 男性だから 好きな人は 宝物としたいと 思いますか? 酒井 彩名の画像や壁紙は、下にあります。

酒井 彩名のあふれる魅力

酒井 彩名は 美しい 表情 が特徴です。

それに酒井 彩名は、 張りのある 声も いいです。

もちろん、酒井 彩名は 美しいファッションモデルとして、 痩せた 魅力的なスタイルが チャーミングです。

そして、加えて、何より 細い ウエストが、 モデルとしても酒井 彩名らしいものです。

酒井 彩名を欲しい時は

酒井 彩名の姿を見たければ 本 がありますし、酒井 彩名の声や思い出なら アイテム があります。

酒井 彩名のその日

私に言わせれば 酒井 彩名と他のファッションモデルとは そっくりだ と思っている。 そう言えば酒井 彩名は 小さいころから 今でもずっと 子供らしいところと大人びたところがあって不思議な人だ。

昔の話はさておいてで、今では 酒井 彩名は 誰かが言っていた スリムな体だけを売り物にするのではなく 才知もある ことを何のてらいも気負いもなく 人に好かれる原因だと感じます。

酒井 彩名が ○XやM.S.と一緒に 渋谷の近くの バーへ入って楽しいんだろうかと思うんだけど、 それから、さらに 喧嘩をした風だったと 噂を聞いたことありますか? でも、私は信じていません。

酒井 彩名の画像や酒井 彩名の壁紙は、リンクを貼ってあります。

酒井 彩名のブログもわかれば、リンクしてあります。

エースをねらえ! DVD-BOX

エースをねらえ! DVD-BOX 人気ランキング : 14915位
定価 : \19,950
販売元 : ジェネオン エンタテインメント
発売日 : 2004/07/23
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : \17,955

???スポ根少女コミックの金字塔、『エースをねらえ!』を初めて実写としてドラマ化。西高の入学式の日、テニスコートで華麗にプレーするお蝶夫人(松本莉緒)に魅せられて、岡ひろみ(上戸彩)はテニス部への入部を決意する。ひろみの腕前は、高校からテニスをはじめた初心組の中でも下位レベル。ところが、新任のコーチ・宗方(内野聖陽)は地区大会の選手としてひろみを抜擢する。
???あの『エースをねらえ!』の世界観を実写で再現することは難しかろうという先入観は、あっさりと裏切られる。下手な小細工などせずひたすら原作に忠実であろうとした姿勢や、ケレン味なくスポ根ドラマとしてのあり方を徹底させた点が効を奏して、暴挙とも思えた映像化の試みは予想以上に上手くいっている。誠実に原作と向き合った上で、長編ロマンのボリュームを全9話に凝縮させた脚色もお見事。お蝶夫人や宗方といったコミックでしかありえないと思われた強烈なキャラクターたちが、模倣を超えて人間ぽく描かれているあたりも意外だった。もちろん、モノローグの嵐、心の声の凄みといった『エースのねらえ!』の『エースをねらえ!』たるよさは満載で、ノスタルジーを乗り越えて青春の熱い思いがドラマティックに伝わってくる。(麻生結一)

スポーツドラマ作りの王道をいく作品

キャストについては他の皆様のおっしゃる通りで、よくぞ配役したものです。個人的にはお蝶婦人、宗像コーチのはまり役には驚きです。

原作が超有名なこの作品のドラマを作る為に、テニスをどう表現するか、は避けられないところです。この作品はキャストがかなりテニスの練習をしたであろう事が伺えます。
今の時代、CGや編集が発達しているので、表現はできても、わざとらしさが残り、迫力に欠けるもの。実写にはかないません。

スポーツドラマで事前の特訓は必要不可欠ですが、このドラマの中で確実にうまくなっているのが分かります。練習を重ねたんでしょうね。
結果、ドラマのストーリーと平行してキャストの上達ぶりが見えてくる事がリアリティーを生みました。そして、ラストのテニスラリーはスポーツドキュメントの様な迫力です。
テニス表現に対するスタッフ、キャストのこだわりが、本作を良質のドラマに仕上げたのではないでしょうか。

傑作です。

漫画の実写版でこれほどうまくできている作品はめったにないと思います。各キャラクターのについて細かく生き生きと描かれていて特に重要な役どころの宗方コーチ、お蝶夫人はこれ以上ないくらいはまってます。岡ひろみの上戸彩さん表情豊かで素敵です。漫画やアニメを見た人も見てない人にもお勧めの傑作です。

奇跡のキャスティング

当時小学生だった私が原作のコミックを友達と読みふけり、アニメ化されれば家にビデオすらなかった当時
1分も見逃すものかと必死に見ていた永遠の名作。30年経った現在もなお色あせることはないこの名作をドラマ化
するなんて…!と全く本放送時は見る気もなく、完全に拒絶反応を起こしていました。

自分の中のあの原作の世界観を絶対に壊されたくはないという強い思いが、実写化を受け入れなかった原因ですが、
BSで再放送が始まるのをたまたま知り、上戸彩ちゃんがひろみっていいかも…と恐いもの見たさ(?)でうっかり
見てしまい…一度ですっかりはまってしまいました。
メイキングを見れば分かるように、ひたすら原作に忠実であろうとしたスタッフ、キャストの思いがこの名作の
独特の世界観を壊すことなく、ドラマの奇跡的な仕上がりを実現したんだと何度見ても感動せずにはいられません。

はじめは尾崎さんだけは違うだろっ!とツッコミを入れたくなりましたが、あまりにも面白いキャラに圧倒され
今や藤堂、尾崎、千葉の3ショットは貴重な癒しのシーンとなりました。
松本莉緒さんのお蝶夫人は奇跡の極みと思いますが、ひろみ、藤堂さん、千葉っち、コーチをはじめ主要なキャストは
皆さんよくぞここまでそのままのイメージをもつ役者さんを探したものだとこのキャスティングには感服します。
また、原作の重要なポイントをうまく練り込みたった9話でまとめてしまった脚本もすごい。
70年代をうまく現代と繋げて巧みに設定を代え、ストーリーには全く響かない。想像も出来ないことです。

もちろん凝縮されている分カットされているもの(お蝶夫人の藤堂さんへの思い…とか)あることは確かですが、
あのボリュームでほぼ大切なそれぞれの複雑な思いをきちんと理解できますし、演出効果もいい意味でとても漫画的。

原作リアルタイム世代には、ほとんど違和感のないありえない設定だらけのドラマは、これだけを純粋に見た10代
くらいの方たちには受けが悪いかもしれませんが、(高校生にしては皆キャスト大人すぎ…とかのベタな違和感)
携帯ツールを一切持たず、ストイックな部活動に明け暮れる高校生活が私が高校生の時ですらまだ普通だった時代、
すごい時代があったもんだと面白がってみて、今の時代には忘れ去られたこの名作のコアな部分を感じたらすごく
感動できると思います。

このドラマはまた新たな私の「エースをねらえ!」の世界を作ってくれました。続編も是非同キャストで期待して
います。本編ではありませんが、あの桂コーチだけは…他の方に…。

よかった

若い子むけとばかにしてみたら、はまってしまった。主役の彩ちゃんもかわいいし、コーチの役のひともよかった。なんといってもおちょう婦人がよかった。
これは漫画のドラマかのすごい成功作だとおもう。

出演者はがんばった!

漫画が原作で、すでに何度もアニメ化されているものをドラマにしたその果敢な挑戦に拍手!普通は、生身の人間が演じると「期待はずれ」「イメージが崩れた」という厳しい評価を受けることになるのですが、この作品に関しては、「新たな魅力が加わった」のではないでしょうか?出演者が、役作りとテニスの両面で努力している姿勢に、まず好感が持てます。特に宗方コーチ役の内野聖陽とお蝶夫人役の松本莉緒が、個人的には気に入っています。「エースをねらえ!」ファンも初めての方も、見終わった後に心がしっとりと潤っていると思いますので、是非見てくださいね!

Copyright 2006 ファッションモデルの情報・画像・壁紙 All rights reserved.