モデルの情報。ファッションモデルの画像を使った壁紙がいいよ

かまち

かまち 人気ランキング : 9847位
定価 : \3,990
販売元 : ポニーキャニオン
発売日 : 2004/08/18
発送可能時期 : 通常3〜4日以内に発送
価格 : \3,990

?「1日が24時間じゃ足りないよ!」を口癖に、詩作、絵画、音楽とエネルギッシュな創作活動を続けていた天才少年・山田かまち(谷内伸也)は、1977年8月10日、エレキギターに感電し、17歳にしてこの世を去った。そして21世紀、乾いた現代を生きる少年少女たちの心の中に、かまちの世界がよみがえっていく…。
?『鬼火』『皆月』などの望月六郎監督が、山田かまちの生涯を単にノスタルジックな伝記映画として構築するのではなく、時を超えたメッセージとして提示しながら現代社会とその青春像を問いかける秀逸な青春映画。前半のほのぼのとしたかまちの初恋譚から、後半は一転してクールな現代の若者たちの痛切なドラマとなるが、かつてかまちが恋心を抱いていた少女もすでに中年の大人になっており、否応なしにその若者たちと対峙せざるをえなくなる。彼女を演じる壇ふみの熱演も素晴らしく、またそんな大人たちの思惑から逃れようとする若者たちの心の確執も実に見事に描かれており、まるで世代間の対立から生じるエネルギーこそが、閉塞した現代社会を打破すると言わんばかりの気迫がみなぎっているのだ。世代を超えて広く、そして強くオススメしたい傑作である。(的田也寸志)

いい話だったがな

素晴らしい、己の道を突っ走りまくる少年。俺感動したよ!いやいや、なんつってもヒロインの大沢あかねちゃんが可愛いんだコレが(^O^)演技もなかなか上手だったし、さすが元テレビ戦士!だが主役の棒読みのレベルが高すぎる、引くほどの棒読みだった。いや棒読みなんてものじゃない、あれは台本を家で練習する人のようだった。小学1年の頃の俺より棒読みだ。まぁ、話はよかった。

棒読み

特にLeadというグループについて思うところはないが、
主役の男の子の棒読み加減は絶妙だと思った。
かまちという人物がもし本当に作中のような発言をしていたとしたら、
感情をこめると非常に映画として浮いてしまうだろう。
そういう意味で、監督の意欲を買いたい。
「お前は天才のはずだろ!」という確信には、涙した。

Leadさんの演技力をどう捉えるかで、評価が変わる作品

まず、山田かまちさん或いはLeadさんのファンの方は、是非ご覧になったらよろしいかと思います。しかし、両者のファンでなくとも、作品の随所にかまちさんの言葉がちりばめられているので、この作品を観ることでかまちさんの世界観を知るきっかけになるかとも思います。また、かまちさんの生きた時代と現代をパラレルに映すことで、かまちさんの作品が現代のティーンエイジャーの心をも揺さぶる…というメッセージ性があります。ただ、星3つなのはLeadさんの演技にやや問題が…。演出であえて素人臭く演じているのか、それとも演技力がないのか。そこが疑問です。それでもあえて演技力があるとすれば、個人的には古屋敬太さんが一番ではないかと思います。

かまち映画!?

こういう、実在の人物をテーマにした映画とかは、
失敗することがほとんどですね。私のまわりのかま
ちファンのこの映画に対する評判は最悪でした。
でも、かまちを知らなかった私には現代の悩める少
年少女がリアルに描かれていて割と楽しめました。
だからやっぱりかまちの印象は薄いかもしれませんね。
演技も現代を演じる役者の方が上手だし・・・
山田かまちを知らない人がかまちに触れるきっかけにするには
良い映画だと思います。

残念です

以前、「山田かまち」の詩集を購入し山田かまちにとても魅力を感じ、「山田かまち」の人生を描いたDVDがある事を知り購入しました。
「山田かまち」についてどんな生き方をしたかが知りたくとても興味があって購入したのですが見て5分くらいであまりの主役の演技の下手さに見る気を失いました。
さらに最悪だったのがストーリーの分かりにくさです。「かまち」の時代をやってたかと思うと、いきなり現代のストーリーになっていたり、そう思って見ているといきなり「かまち」の時代に戻っていたりと最悪です。
この映画では「かまち」について何も伝わってきません。むしろ何の映画なのかすら分かりません。「かまち」について知りたい方は詩集などを購入してかまちの作品に触れてみるのが一番良いと思います。
「かまち」の自伝みたいな映画を期待していたのに全く違っていてショックです。本当に最悪な映画でした。

Copyright 2006 ファッションモデルの情報・画像・壁紙 All rights reserved.