モデルの情報。ファッションモデルの画像を使った壁紙がいいよ

雅姫

雅姫は すごーく私が大好きな シャープな頭に、意外な間抜けみたいな不思議な組み合わせがありますから 夜も寝られなくなったりします。(笑)

雅姫はモデル

雅姫は わりあい プロのファッションモデルとして 活躍していました。

バランスとれた、良い体をしている 雅姫は 池袋 で 友達の推薦があって うれしくて 見るだけで、参加はしなかったのが本当のようです。

ガールフレンドが欲しいなあと考えた時に 時々 雅姫の 水着の画像を やっぱり 好きな人は 欲しいと 思いますか? 雅姫の画像や壁紙は、下にあります。

雅姫の魅力

雅姫は 美しい 笑い顔 が特徴です。

それに雅姫は、 音程の高い 声も いいです。

もちろん、雅姫は モデルとして、 体重の少ない、 体が いいなあと思います。

そして、加えて、何より くびれた 腰が、 モデルとしても雅姫らしいものです。

雅姫をとても欲しい思った時は

雅姫の姿を見たければ 本 がありますし、雅姫の声や思い出なら 彼女のCD・DVD があります。

雅姫のその日

皆に言わせれば 雅姫とタレントとは どこか違う と感じるのは何故だろうか。 そう言えば雅姫は 小さいころから 今でもずっと 子供らしいところと大人びたところがあって不思議な人だ。

昔の話はさておいてで、今では 雅姫は 皆が一目をおく 美貌とスタイルはもちろんのこと、それだけではなく 話して物が分かっている ことを当然のこととして 友達とも意見が合っています。

雅姫が 歌手の△△△と一緒に 銀座の 高級レストランへ行って食べ、 それはそれとして きっかけで二人の仲は進展したと 聞いたことはあります。 もしかしたら、本当かも知れませんが、わかりません。

雅姫の画像や雅姫の壁紙は、リンクを貼ってあります。

雅姫のブログもわかれば、リンクしてあります。

私の好きな「暮らし」のかたち―LEE

私の好きな「暮らし」のかたち―LEE 人気ランキング : 13186位
定価 : \1,260
販売元 : 集英社
発売日 : 2003/03/01
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : \1,260

もともとは・・・

今は正直、まったく雅姫さんの本を購入しなくなりましたが、
この本は今見返しても、雅姫さんの
「ささやかだけど毎日の生活を素敵に」と
楽しんでいるアイディアに、まいってしまいます。
今は、あまりにもはやりすぎて、
「素敵な生活の本」が多くなってしまいましたが、
この本がでたばかりのころは、毎日繰り返される単調な生活に
うんざりしてしまっていた人たちの救世主のようでしたよね。
そして雅姫さんのアイディアというのも、
洋書の真似のような部分もありましたが、
自分にあったアレンジをして取り込んでいたし、
読者の人にも届きそうな生活スタイルで、楽しんでいるのが
とてもよかったのです。
今の雅姫さんの世界は、昔より洗練され、
とても素敵なのですが、読者の人には届きにくいスタイルに
なってしまったし、「私の生活って素敵でしょ?」という感が
とても強くなってしまったように感じます。
「洗練されたスタイル」か「身近なスタイル」か、
どちらを進むも雅姫さん本人が決められることなのですが。

世の中が「生活を素敵にしなくては!!」という風潮が
あまりにも強い今、
原点に戻って、「ささやかだけど毎日を素敵に」という
スタイルに戻ってほしいなと思えます。
だってしあわせって
単調な毎日の生活のちょっとしたことにあるのですから。
誰かにみせるのではなくて。

だから雅姫さんの初期の本が好きです。

ロンドン好きなら・・・この一冊を♪

私が雅姫さんの本を初めて買ったのがこちらの本です。本屋さんでペラペラ?とめくった時に、訪ねたばかりのロンドンの花市やキャス・キッドソン・ヴィヴィルーロ、少し郊外のコッツウォールズが載っていて惹かれました☆きっとこの本を私が手に取るまでに彼女はブレイクしていたのでしょうけど、遅ればせながらのファンになったきっかけの本です!本全体がロンドンに触れているのではなく、彼女の手芸や器へのスタイルが詰め込まれていますので、是非この一冊を・・・。

親しみやすかった

最初のこの本が一番親しみやすく
参考になる本だったような気がします。
ガーデニングが好きなので狭い場所を
ナチュラルな雰囲気に見せる植え方が
参考になりました。

インテリアを、肩肘はらずに楽しむきっかけとしての本

雅姫さんについては、一時のブームといえる時期は過ぎて、
冷静な受け止め方をされてきているというのが、今の流れではないでしょうか。

個人的に、雅姫さんのテイストは好きです。
ただ、モデルさんとしての彼女の美しさを引き立ててくれるのは、
もっとモダンなセンスのような気もするのです。

モデルさんとしての経験を踏まえて、彼女がそれでも好きなものはこれ、
という信念をもたれているのであれば、何の異論もないのですが。

Pure Styleやjunk styleなどに影響されたインテリアが通用したのは
少し前までで、もっとモダンとミックスされたテイストが、
これからのインテリアの流れになるのではないでしょうか。

しかし、批判的になる前に。
デザイナーでありモデルであるという肩書きである以上、雑誌や書籍、
メディアを通じて美しいもの、見よいもの、しいては
真似したくなるものを伝えるということは避けられないのでしょう。

まねする事では何も生まれない、
インテリアに懲りすぎることは結局見ていて疲れる、無個性化につながる
ということは、他の「暮らし本」を出版されている方を見ていても感じます。

例えば主婦といえど、24時間インテリアのことを考えているわけではないし、
そうすることも不可能だと思います。
それは雅姫さんが一番ご存じだと思います。

手作りは、やりすぎると押し付けがましくなるということも、
インテリアに懲りすぎることは自己満足に終わる危険性をはらんでいる事も、
ここまで「暮らし本」がある程度出尽くして、飽和状態になれば
皆さんが気付き始めるのも当然といえば当然かもしれません。

最後に、大人の女性として、今後進化したセンスの良さをみせてくださるとの期待を込めて、
☆4つにしました。

雅姫さんの世界がステキです。

母と子のゆったりとしたふれあいの時間が見れますよ。理想のひとときですね。見るだけでほっとできました。

Copyright 2006 ファッションモデルの情報・画像・壁紙 All rights reserved.