モデルの情報。ファッションモデルの画像を使った壁紙がいいよ

小さき勇者たち~ガメラ~ スペシャル・エディション

小さき勇者たち~ガメラ~ スペシャル・エディション 人気ランキング : 163位
定価 : \4,935
販売元 : 角川エンタテインメント
発売日 : 2006/10/27
発送可能時期 : 近日発売 予約可
価格 : \3,701

誰かを守ることで自立する心の物語

 これまでのガメラ・シリーズと違って、志摩半島沖の小島に産み落とされたガメラの卵が孵化し、それを拾った少年によって育てられるというファンタジーとして物語が始まります。少年は幼いときに母親を失っており、食堂を経営する父親との二人暮らしを送っているのですが、彼のペットとなった赤ちゃんガメラ「トト」との交流はその寂しさを埋めると同時に、少年の中に「誰かを守ろうとする心」を芽生えさせることによって、その精神的自立を促していきます。

 この映画の舞台となった大王の町や相差の浜は僕が過去に何度も足を運んでいるところで、セットとして使われていた料理店や真珠店、漁港の脇で干物を作っているところなど、全部見覚えのある風景でした。さらに志摩名物でもあるおばあちゃんの手押し車も登場して、なんだかとても嬉しかったです。 ただ、志摩が舞台なのに、登場する子供たちの家族が都会的に核家族なのはどうしてだろうと、少し疑問に思いました。昔アラフラ海に真珠を採りに行ったことのあるおじいちゃんや、現役海女のおばあちゃんなんかが登場すればもっと志摩らしくなるし、映画のストーリーも膨らんだかも知れません。

 やがて大きく成長したトトは少年の前から姿を消してしまうのですが、その後志摩を襲い、伊勢湾から名古屋に上陸した怪獣ジーダスと闘うために、「ガメラ」として少年たちの前に再び姿を現します。ジーダスとの闘いでガメラはピンチに陥るのですが、それを救うために命のリレーをする子供たち。ガメラは昔から子供たちとだけ心を通わせることのできる怪獣でしたが、それは今もまだ変わっておらず、現代の子供たちもまたそのことを知っていたようです。

 少年少女らとトトの交流は志摩の海の大らかさを思わせますし、とてもほのぼのとしていて良かったです。生き物を育てることによって子供の心が成長していくというのは、いつの時代のどんな場所でも同じなんでしょうね。たとえ、それが怪獣であったとしても。。。

ジュブナイルとしての怪獣映画の頂点

母を失った悲しみから逃れるために、へんにひねこびた大人っぽさを見せる主人公の透少年は、ガメラの子供と出会うことで、次第に年相応の子供っぽさを取り戻していく。そして、ガメラ対ジーダスの決戦を見届けることで一つ大人になる。

その過程には、繰り返される因果の環が重くのしかかる。母を失い、そして、姉の様に慕う少女を失うかもしれない少年の悲しみと不安、そして、少年の心を開いたガメラの運命。

だが、因果の環は、閉じた循環ではなかったというカタルシスに結びつけるプロットは緻密で見事。

映画はいきなり、30年前に繰り広げられたガメラ対ギャオスたちの激闘シーンから始まる。ガメラは自らの命と引き換えにアルティメットプラズマを暴発させて、三匹のギャオスを一度に葬り去るのであった。

ガメラの凄絶な最後を見取る一人の少年こそ、津田寛治演じる透少年の父親である。父は既にガメラとの遭遇を、主人公とおなじ年頃に経験しているのだ!

そしてクライマックス。ガメラを成体にする為に、二大怪獣の激戦区名古屋に向かった透少年に、「もうお前たちがどこうできる問題じゃないんだ」と諭す父の言葉は、二重に重い。だが透少年は、父の言葉の意味を汲み取り、それでもなお、父と二人で死地に向かうのだ。

悲劇を繰り返すまいとする前向きな姿勢の持つ勇気の美しさ。冒頭の凄惨なシーンは、ここに繋がってくるのである。そして、子供の、いや、娯楽映画の主人公の無分別を、崇高な人間原理に昇華しているのだ。

歴代ガメラの中で最も美しい回転ジェットやリアリティのある怪獣描写は、ガメラお約束の「もうやめてくれぇえ」な痛み共感度も高く、ジャンルモノとしても秀逸。

幼馴染のお姉さん麻衣を好演する夏帆の石橋けいに通じる清楚な魅力と、見所テンコ盛りの大傑作であったよ。

許します?

泣かせる怪獣映画って・・・と積年のオジサン怪獣映画オタクとして最初は思いましたが、最後まで観て、こういうのもありかな。と思いました。トトがかわいすぎるし、少年や仲間との交流も素敵なエピソードに満ちています。トトとジーダスの戦いもなかなか見事だし、欲をいえば成長したトト=ガメラ?はもう少し精悍なデザインでもよかったかなと・・・。でも成長途中なんだよなきっと。
って、いろんなことが許せちゃう作品です。最後はね、やっぱり泣いちゃうんだよね。いやあ、いい映画です。

巨大カメと巨大グレムリンの戦いなんざ見たくねーんだよ。

前半は普通に楽しめるが、後半は酷かったです。
前半は直接描写が無くても昭和版「ガメラ対ギャオス」を彷彿とさせる場面もあります。
が、後半は子供達の行動をよく理解できませんでした。
それとかわいい系のガメラの造形が嫌です。
オープニングのガメラの造形は良かったです。
今時珍しい合成みえみえの特撮でした。
平成仮面ライダー・シリーズの田崎竜太監督らしい、前半はまあまあ・後半はダメダメの映画でした。
鳥羽?名古屋が舞台なのは個人的に嬉しいですが、映画は厳しいです。
怪獣映画好きでも、再鑑賞はきつい作品です。

ファミリー向けとして成功

ガメラの造形からして、お目々パッチリのオモチャのような雰囲気だったこともあり、クライマックスまでは普通のお子様向け怪獣ドラマだと感じていたのですが、赤い石リレーでは、何だか分からないけど感動させられた。
なぜそんなリレーを自発的に子供たちが行い、また、身を挺してガメラ捕獲にやっきになる政府の前に立ちはだかるのか、理由は? 多分大人には理解できないのでしょう。(笑)
 
巨大に成長したあとの、怪獣とのバトルシーンなどは、最新のCG技術と、昔ながらの着ぐるみ&ミニチュアをほどよく混ぜてあっていい感じだったし、空からの構図など、時折はっとさせるショットもあった。対象年齢を引き下げている為、シンプルにテンポよく描いているとも言えるかも。

Copyright 2006 ファッションモデルの情報・画像・壁紙 All rights reserved.