モデルの情報。ファッションモデルの画像を使った壁紙がいいよ

おもひでぽろぽろ

おもひでぽろぽろ 人気ランキング : 1804位
定価 : \4,725
販売元 : ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント
発売日 : 1999/07/02
発送可能時期 : 通常1〜2週間以内に発送
価格 : \4,725

???時は1982年、27歳のOLタエ子が山形の義兄の実家へと一人旅し、そのさなかにかつて小学校5年生だったころの自分を回想していく。岡本螢と刀根夕子による原作コミックは、小学校時代のみを描いているのだが、高畑勲監督は新たにOLのヒロインを設定し、ふたつの時代を行き来させながら、ひとりの女性の生きざまを露にしていくと同時に、彼女が行き着いた村で行われる有機農業の美徳を説きながら、田舎と農業を礼讚していく。

???デビュー作『ホルスの大冒険』ですでに農耕のすばらしさを描いた高畑監督らしい設定ともいえるだろう。一方、小学時代は少女が空をかけ上がるといったファンタジックな処理も多分になされている。声の出演は今井美樹と柳葉敏郎。ベット・ミドラーの『ローズ』を翻訳したエンディング・テーマを都はるみが歌うなど、音楽効果も凝っている。(的田也寸志)

これまでの自分を振り返りたくなる名作人間ドラマです。

衝撃の戦争悲話の名作(ほたるの墓)で有名な高畑勲監督が送る女の子の素敵な素敵な物語り、ごく平凡なごく普通の20代後半の女性のこれまでの人生を振り返る新感覚の面白アニメの名作です、ごく普通でどちらかといえば冴えない適齢期を過ぎようとする女性、彼女はそんな自分がいやでいやでたまらない、そんな自分を変えたくて田舎の農村での生活を体験する事に、ですがその旅を通して、自分の冴えないこれまでの人生を思いがけず振り返る事に、主人公の女の子の声を担当したのは女優の今井美樹さん、農村の少し大人で素敵な若者の声を担当したのは俳優の柳場哲郎さん、変にアニメアニメしていない作品なだけに俳優さん達が声を担当したのは正解でしたね、テレビドラマを観ているかの様なとても素敵な仕上がりです。

学生だけど

私は学生だけど、なぜかこの作品を観ると懐かしくなります 自分の小学生時代と似ているからだと思います 夏にやったラジオ体操や相合い傘、初恋など妙に親近感がわきます この映画の大人になった主人公の気持ちはまだわからないところもあります あと何十年か経ったらわかるかな?そういった楽しみ方もこの映画にはあります ラストが個人的には好きです 観てない方は自分と照らしあわせて観たらどうでしょうか?

評価が分かれるところだと思います。

昔の自分を回想しながら、物語が進んでいく。このように、「昔はあ?だったな」みたいな懐古的な物語ってちょっと物足りないし、見ていて何を伝えたいのかがいまいちわからない。こうゆう作品もいいんだろうけど、見た後元気が出るような作品じゃないね。ただ最後のほう、昔の自分とクラスメイト、そして今の自分が同時に描かれたシーンはちょっと感動!あと、心理描写や微妙な表情の変化みたいなものはうまく描かれていた気がする。

くもり

「雨の日と曇りの日と晴れの日とどれが一番好きですか?」と少年に聞かれた主人公がはにかみながら曇りと答えるシーンが心に残っています。何気ない日常のなかで普通の女の子が成長していく過程を通し、見失いがちな大切な何かを所所で感じさせてくれるお話のように思います。賛否両論のようですが主人公タエコのように平凡な私には共感が持て、好きな話です。

ほのぼのした作品

27歳のOLタエ子が実家の田舎へと手伝いに行き小学校5年生だったころの自分を回想していくほのぼのした物語
ラピュタももののけもハウルもナウシカもポンポコもトトロも千もそうだけど、とりあえず実写じゃまず無理なんですが
この作品で視覚的におしてるのは大自然なので実写のほうが絶対意味あるんです・・
いいように言えばわざわざジブリがでてくるまでもない・・んですよね
話的には強い感動や凝った物語などなく個人的地味な共感、いわゆる淡々と流れる小川のせせらぎのような話です
小さい頃を回想するタエ子と共に見る側も時代をさかのぼり楽しむ作品なのでいわゆる大人用・・(子供の頃に見なくてよかった)
ジブリからのいきなはからいです
タエ子というカタカナと漢字どっちやねんという名前形成さることながら劇中の彼女を見ていて、田舎に住めば都会が恋しくなり、都会に住めば田舎が恋しくなるような一面もあるので不安
人間って絶対そういう生き物やと思うので今後のタエ子が不安
がんばってほしい

Copyright 2006 ファッションモデルの情報・画像・壁紙 All rights reserved.