モデルの情報。ファッションモデルの画像を使った壁紙がいいよ

HIKARU

HIKARUは 思い出がいっぱいある けっこうアットホームな雰囲気もありますから 是非、このようなサイトが増えて欲しいです。

HIKARUはモデル

HIKARUは よく 歌も歌えるファッションモデルとして モデルの本にもでます。

バランスとれた、良い体をしている HIKARUは、HIKARUは 銀座 の近くで なんとなく 「そうだなあ」となんとなく考えて チャレンジしてみたそうです。

家で 最近 HIKARUの ポスターを 男性だから 皆が 欲しいと 思いますか? HIKARUの画像や壁紙は、下にあります。

HIKARUのあふれる魅力

HIKARUは 抱きしめたい 幸せ顔 が特徴です。

それにHIKARUは、 張りのある 声も 最高です。

もちろん、HIKARUは ファッションモデルとして、 痩せた スタイルが あたりまえのようにあります。

そして、加えて、何より 引き締まった ウエストが、 モデルとしてもHIKARUらしいものです。

HIKARUを欲しいと思ったなら

HIKARUの姿を見たければ 本 がありますし、HIKARUの声や思い出なら アイテム があります。

HIKARUのよく聞くことは

皆に言わせれば HIKARUとタレントとは そっくりだ というのが意見だ。 そう言えばHIKARUは 昔から この頃まで お茶目な所が気にいっている。

今となっては HIKARUは ちょっと目につく 美しい体だけでなく 才知もある ことを何のてらいも気負いもなく 友達とも意見が合っています。

HIKARUが ○XやM.S.と一緒に 新宿の ホテルで密会をして、 それから、さらに どこかに親しそうに行ったとの 推量するのです。 そういう話はあるけれど、誰かが作ったのかも知れません。

HIKARUの画像やHIKARUの壁紙は、リンクを貼ってあります。

HIKARUのブログもわかれば、リンクしてあります。

ULTRA BLUE

ULTRA BLUE 人気ランキング : 477位
定価 : \3,059
販売元 : 東芝EMI
発売日 : 2006/06/14
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : \3,059

4thアルバム「ULTRA BLUE」

宇多田ヒカルの4年ぶり4枚目のアルバム、「ULTRA BLUE」。
 
以前ほどの勢いは無く、当初のR&B路線は薄れた彼女の楽曲ですが、
ソングライティング力は作品を発表するごとに向上しているような印象を受けます。
とにかくメロディが素晴らしいです。
美麗で堂々たる神秘的・幻想的なメロディ、様々な要素を取り込んだ不思議なサウンドは、
日本的なポップスでありながら、きっちりと耳の鼓膜に残るものがあり、聴き込むほど味が出てきます。
「Keep Tryin'」のように不思議と明るい楽曲、「Be My Last」のように哀愁を帯びたメロディが綺麗な楽曲、
「BLUE」「PASSION」のように透明感のある伸びやかなメロディが特徴の楽曲など、
全体的に良くまとまりつつも、曲のひとつひとつで違ったサウンドを魅せる楽曲群は素晴らしいです。
 
宇多田ヒカルの歌声そのものは、歌唱力もそれほど高いわけではなく、
1stアルバムの時代と比べて喉の張り・強さがでた個性的な歌声ですが、
美麗で堂々たるメロディと上手に馴染んでおり、自ら作りこんだ曲の邪魔をしないように歌っていて、
メロディとリズムと歌声が絶妙なハーモニーを生み出しているような、そんな印象をもちました。
個性的な歌声で好き嫌いが分かれそうではありますが、メロディと上手に馴染んだ嫌気のない声が好きです。
独特の感性からなる不思議で綺麗な詞世界も、楽曲ごとにひとつひとつ違った表情を見せています。
特に、「Be My Last」の詞が個人的にお気に入りで、シンプルな詞だからこそ奥深さが感じられます。
 
神秘的・幻想的なメロディ、様々な要素を取り込むサウンド、綺麗な詞世界、癖になる曲展開、
それらと上手に馴染みこむ歌声とハーモニーなど、私はこの今の宇多田ヒカルが大好きです。

圧倒的青の世界

サラウンドヘッドホンで聴くと曲と声の広がりが美し過ぎて目眩がしました。ブックレットの宇多田さんも神々しい写りだし良い意味、撮影技術で昔TvやCMで見た本人じゃ無くなってる!色を強調する曲、詞、衣装が好きです。「BLUE」…絶景の海で長距離単独飛行中の戦闘機パイロットの心象風景、BLUEを聞きながら離れてしまった恋人との会話や手紙を漠然と思い出しているシーンを想像してしまい透明感、疾走感、物語性、満載な感じがした。(二人の二つのBLUEが溶けあい歌へ昇華)ピアノの刻み方もいい!繰り返し聞き飽きなかったのは2.3.6.9.13でした。

感性。

彼女の感性には毎回のように驚ろかされます。結構前から聞いていましたが、正直アメリカでEXODUSを出した時なんでこっち路線なの的な要素もありましたがこのアルバムで一皮剥けたと思います。彼女はインタビューで歌詞書いてもらって歌うようなアーティストは意味がないと言っていましたが、このアルバムで実力が発揮できたのではないかと思います。

utaの遺伝子、それはブレス?!

宇多田ヒカルの歌の特徴をつかもうと、このアルバムに何度も耳を傾けてみた。
最初の頃のアルバムのR&B的な特徴は後退しており、彼女独特の節回しによるごく日本的なポップス系に仕上がっているなあと感じたものの、幾つか今日日の歌手との大きな違いを感じてしまった。
ひとつはブレスである。息遣い自体が歌になっているのである。これは他の歌手ではなかなか見られないことではないか。
もうひとつは搾り出すように、哀願するような声のうわづりである。これが淡々とした声色の中に突然ふっと色彩を沸き起こす。これは最近のR&B系の歌手が競って煽りっぱなし・感傷的であるのとは対照的である(無論上手な歌手はメリハリを利かせているが)。
それと最後は透き通った、だがかすかにかすれた高音である。
彼女の声自身は、たぶんそれ程声量はないのかも知れないが、注意深く、そして効果的に彼女のこうした繊細な声・色を上手に録り、且つバッキングのアレンジもこれとマッチした形に整えているあたり、音作りのセンスもすばらしさが伺える。無論全編をほぼ覆うインダストリアルな雰囲気を好まない人もいるかもしれないが。
更に、どちらかというと歌謡調は淡々としている中、ユーミンとはまた違った形での不可解な歌詞とメロディのアンマッチや、COLORで見せたような突然の倍テンポの導入と抑止のようなさまざまな挑戦が織り込まれたり、かと思えば誰かの願いが叶うころのようなバラードもありと、さまざまな”色”をアレンジベースでも提示しており、飽きさせない作りと感じた。
元宇多田反対派だった私としてはそろそろ鞍替えを感じてしまった一作。
藤圭子の遺伝子が、ある意味プラスに働いているとおもってしまうのだが。

また一皮剥けたような…?

でもやはり宇多田節!!
keep?応援歌、自分にも他人にも頑張ってほしい願いを込めた歌。宇多田さんには珍しい前向きな歌詞だと私は思います、これからも前向いて私らしくいくよって感じがしました!よろしくみたいな(笑)自分のやりたいことしよう、あと他人からの評価では満足するんではなく自分で自分をたまには褒めてあげようよっ♪褒めてあげられるようになろうって思わせてくれた一曲だと思いますデス★★★
私が一番体中に巡った曲はpassionです、思い出の歌将来いつ聞いても色褪せないアルバムのような曲。ゲームをしていてもそう思いました、悲しみも嬉しさも恋心もその時感じられる記憶をしまっておく(子供から大人になるような?)曲だなぁと、大人になっても忘れない気がします。
宇多田さんの感性に触れたい方のみ聞き惚れて欲しい一枚。

Copyright 2006 ファッションモデルの情報・画像・壁紙 All rights reserved.